楽天、結婚相談所「楽天オーネット」をポラリスに約250億円で売却




楽天株式会社は、2018年11月28日、連結子会社で結婚相談所最大手の「楽天オーネット」を運営する株式会社オーネットの全株式を、投資ファンドのポラリス・キャピタル・グループ株式会社が新たに設立する会社に売却すると発表しました。

譲渡益、約250億円を2018年12月期第4四半期連結会計期間において計上する予定とのこと。

以下、楽天株式会社のプレスリリースから引用。

オーネットは1980年の創業以来、結婚相手紹介サービス事業を通じて、会員様のご成婚に向けたサービスの提供を38年にわたり継続してきました。2007年12月から楽天グループの一員となり、持続的に安定した成長を続けてきましたが、今般、当社として経営資源の最適化を図るため、株式譲渡の決定に至りました。

株式譲渡後もオーネットは、既存会員様をはじめ、すべてのお客様に対して、安心・安全な結婚相手紹介サービスを提供します。

IBJ サンマリエ 完全子会社化

IBJが結婚相談所「サンマリエ」を完全子会社化

2018年11月9日

 

こんな記事もオススメです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です