Googleの公式SEOチェックツール 「Lighthouse」の使い方

Google lighthouse




ウェブサイトを運用している皆さんは、SEOの診断ツールを使っていると思います。婚活プレスでも、ランキングのチェックやSEOの診断ツールなどを使用して、日々のパフォーマンスをチェックしています。皆さんは、どのようなチェックツールを使っているのでしょうか?

今回は、2018年2月18日のGoogle公式ブログで、サイトのパフォーマンスやアクセシビリティ、PWA(プログレッシブ ウェブアプリ)の品質向上の具体策を提示するGoogle Chromeの拡張機能「Lighthouse」に、「SEO ヘルスチェック」機能が追加されたと発表がありましたので、使い方などについて解説していきます。

serposcoope

Macで使えるSEOツールはSERPOSCOPEがベスト! RankGuruが不安定なので乗り換えました。

2018年4月11日
Google Speed Update

7月に実施 Google Speed Update までにできる2つのSEO対策

2018年4月4日

Lighthouseで何がチェックできるのか?

Google Lighthouse でチェックできる項目は、以下の10個です。項目ごとに、Googleが最適化の具体策を提示してくれますので、参考にはなりますね。

ただ、チェック項目を見てみると当たり前のSEO対策ということがわかります。

Lighthouse のチェック項目
カテゴリー チェック項目 要訳
Mobile Friendly
(モバイル最適化)
Has a <meta name="viewport"> tag with width or initial-scale <meta name=”viewport”>タグが適切に設定されているかどうか
Document uses legible font sizes フォントサイズが適切かどうか
Content Best Practices
(コンテンツの最適化)
Document has a <title> element  <title>タグが適切に設定されているかどうか
Document has a meta description meta description タグが設定されているかどうか 
Links have descriptive text リンクテキストはリンク先のコンテンツを的確に示しているかどうか
Document has a valid hreflang hreflang(言語設定)が設定されているかどうか
Document has a valid rel=canonical rel=canonical が適切に設定されているかどうか
Document avoids plugins ブラウザがサポートしていないプラグインを使用していないかどうか
Crawling and Indexing 
(クロールについて)
Page has successful HTTP status code HTTPは正しく200のステータスコードを返すかどうか
Page isn’t blocked from indexing ページがブロックされていないかどうか(robots.txtなど)

Lighthouseのインストール方法

Lighthouseは、Google Chrome の拡張機能ですので、Chromeがインストールされている必要があります。

以下のURLから、Lighthouseを「CHROMEに追加」をクリックし、拡張機能を追加します。以上です。。。

https://chrome.google.com/webstore/detail/lighthouse/blipmdconlkpinefehnmjammfjpmpbjk?hl=ja

Lighthouseインストール

Lighthouseの使い方(SEO ヘルスチェックのみ)

拡張機能をインストールしたら、Chromeの右上にLighthouseのアイコンが表示されますので、Optionをクリックします。

lighthouse使い方

以下のようなオプションウィンドウが表示されますので、SEOにチェックを入れてください。(デフォルトでは全てにチェックが入っていますので、不要なチェック項目は適宜外してください)

SEO設定

ここまでで、SEOヘルスチェックの設定が完了です。早速、Lighthouse を使ってSEOチェックをしてみましょう。

「Generate report」をクリックすると、チェックが始まります。

generate report

『「Lighthouse」がこのブラウザをデバッグしています。』という文言がブラウザに表示されますが、これは、SEOのチェックをしているという合図です。そのまま、完了するのを待ちましょう。

Lighthouseがこのブラウザをデバッグしています。

しばらくすると、以下のようなチェックの完了画面が表示されます。結果に表示される内容は、Lighthouseのチェック項目 でご確認ください。

SEO結果

以上が、Lighthouseの使い方です。簡単ですね。

まとめ

Google公式から出た!という事で、期待していたのですが、拍子抜けするほど簡易的な提案しか出てこないようです。

SEOの初心者などは、Googleからの改善策をすべて試してみるのはいいでしょうが、すでにSEO対策を行っている方々には釈迦に説法的なツールかもしれません。

ただ、Google公式ブログでは、このツールに対して以下のように言及しています。今後の改善や機能拡張に期待ですね。

現在の SEO 監査項目はすべてを網羅したものではなく、Google ウェブ検索やその他の検索エンジンでの SEO を保証するものでもありません。現在のリストは、どのサイトも知っておくべき基本事項を検証、反映できるよう設計されており、あらゆるスキルレベルの SEO 担当者やデベロッパー向けに詳細なガイドを提供します。将来的には、さらに詳しい監査やガイドをご提供したいと考えています。ご利用になりたい監査の種類についてご意見やご提案がございましたら、ぜひお知らせください。

serposcoope

Macで使えるSEOツールはSERPOSCOPEがベスト! RankGuruが不安定なので乗り換えました。

2018年4月11日
Google Speed Update

7月に実施 Google Speed Update までにできる2つのSEO対策

2018年4月4日
画像SEO対策

画像にもSEO対策が必要かも?WordPressならカンタンに設定できます。

2017年9月13日
WordPressプラグイン8選

婚活プレスで導入しているWordPressの無料プラグイン8選

2017年9月8日

こんな記事もオススメです

Google lighthouse

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です