画像にもSEO対策が必要かも?WordPressならカンタンに設定できます。

画像SEO対策




皆さんは、Googleの画像検索を使うことってありますか?

例えば、「婚活イベントを開催したい」となった時、ホームページやSNSなどで告知すると思います。文章だけだとインパクトが弱いので、どこかに良いアイキャッチ画像はないか検索しますよね?最近では、Googleの画像検索機能も便利になってきていますので「婚活イベント 画像」などのキーワードで探す方も多いことでしょう。

今回は、「ざっと仕組みを理解」「画像をGoogleに認識」「なるべく上位に表示」の3点に絞りまとめていきたいと思います。

serposcoope

Macで使えるSEOツールはSERPOSCOPEがベスト! RankGuruが不安定なので乗り換えました。

2018年4月11日
Google Speed Update

7月に実施 Google Speed Update までにできる2つのSEO対策

2018年4月4日

Google画像検索の仕組みをざっくり考えてみる

最近はAIも進歩してきましたが、Googleは画像がどういった画像なのか、検索キーワードに関係があるのか、画像だけでは完全には判断ができないようです。では、Googleはどうやって画像を認識しているのでしょう?

婚活イベント Google 検索結果

「婚活 イベント」というキーワードの検索結果

Googleは基本的にテキスト情報で画像を判別している

AIが進歩しているとは言え、まだ画像だけで判断は難しいようで、Googleの画像検索をすると全然違う画像があったりもします。Googleに画像の情報を正しく伝えるためには、テキスト情報を画像に追加する必要があります。

  1. 画像のファイル名をわかりやすいものにする
  2. altタグ(代替テキスト)を設定する
  3. 画像サイトマップ(sitemap.xml)をGoogleに送信する

1. 画像のファイル名をわかりやすものにする

同じ画像で、同じalt属性、同じ大きさ、でもファイル名が「019512451.png」と「婚活イベント.png」だった場合、Googleはどちらを上位に表示させると思いますか?

無論、Googleは後者を選ぶでしょう。わかりにくい画像より、わかりやすい名前をつけるようにしてみましょう。

2. altタグ(代替テキスト)を設定しましょう

altタグとは、HTMLのimgの中に記述される属性で、画像の代替となるテキスト情報のことです。何やら難しい表現になってしまいましたが、ざっくりと言うと、画像の内容をブラウザに伝えるためのテキスト情報のことです。

こちらは、必ず設定することをおすすめします。

注意点として、alt属性は画像の代替テキストです。SEOキーワードを詰め込みすぎないようにしましょう。やりすぎは、ペナルティーの対象になりかねません。

3. 画像サイトマップ(sitemap.xml)をGoogleに送信する

画像サイトマップは、本来小難しいxmlを書かなければいけないのですが、「プラグイン8選」で紹介したYoast SEOが勝手にやってくれちゃいます。

serposcoope

Macで使えるSEOツールはSERPOSCOPEがベスト! RankGuruが不安定なので乗り換えました。

2018年4月11日
WordPressプラグイン8選

婚活プレスで導入しているWordPressの無料プラグイン8選

2017年9月8日

WordPressを入れている方は、「Yoast SEO」導入の検討をしてみましょう。

今回の記事は、Google公式サイトの「画像を公開するおすすめの方法」に準拠して書いているつもりです。https://support.google.com/webmasters/answer/114016

上記Googleの公式サイトに詳しく書いてありますので、深く勉強したい方はご参考にしてみてください。 

こんな記事もオススメです

画像SEO対策

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です