WordPressのサイト内で検索されたキーワードが分析できるようにGoogleアナリティクスの設定をしましょう

Googleアナリティクスでサイト内検索を導入しましょう




婚活ブログといったコンテンツ(Webサイト)を運営していると、サイト内で検索される機会が増えてきます。

このサイト内検索、実際のユーザーがどのようなキーワードに興味があるのかリアルにわかるので、取得できたら運用の重要なヒントになりますよね?

「Google Analytics(アナリティクス)」では、これらの分析が可能なのですが、初期段階では「サイト内検索のトラッキング」機能がオフになっていてます。

今回は、Googleアナリティクスでサイト内検索のキーワードを取得するための設定について簡単にお伝えします。特に、WordPressを使っている方は共通ですので、設定してみてはいかがでしょうか?(一部例外があります)

サイト内で検索されたキーワードを取得するGoogleアナリティクスの設定

サイト内検索を設定する場所

Googleアナリティクスの設定画面のビューから「ビュー設定」を選択してください。

アナリティクス サイト内検索

サイト内検索のトラッキングをオンにする

ビュー設定を選択すると、画面下部に「サイト内検索の設定」という項目が表示されます。初めて設定する方は「サイト内検索のトラッキング」がオフになっていると思いますので、「オン」にします。

サイト内トラッキングオフ

クエリパラメータの設定

「サイト内検索のトラッキング」をオンにすると、さらに下に設定項目が表示されますので、クエリパラメーターを設定しましょう。WordPressの場合は「s」を入力しましょう。

 

site_search_tracking_setting02

今回の設定で言う「クエリパラメーター」とは、サイト内検索のキーワード情報をプログラムに伝えるためにURLの後ろに付く情報の事です。

例えば、WordPressでは「アナリティクス」でサイト内検索した場合、以下のURLで検索結果が表示されます。

https://konkatsu-press.com/?s=アナリティクス

今回のケースだと、「s」がクエリパラメーター、「アナリティクス」が検索クエリとなります。

以上でGoogleアナリティクスの設定は完了です。では、サイト内検索の情報はGoogleアナリティクスのどこに表示されるので消化?

サイト内検索キーワード確認方法と活用法

「サイト内検索のトラッキング」設定が完了したら、サイト内でどのようなワードで検索されているかチェックしてみましょう。(データが蓄積されるまで数日かかります)

サイト内検索キーワードの表示場所

キーワードを確認するには、Googleアナリティクスの左メニューの「行動」>「サイト内検索」>「サイト内検索キーワード」で確認します。

サイト内検索キーワード_アナリティクス

サイト内検索キーワードの活用法

サイト内検索キーワードは、実際にサイトに来てくれたユーザーが興味があるキーワード群です。では、この貴重な情報をどのようにサイト改善に活かせばいいのでしょうか?

具体的なユーザーの顔を想像してみましょう

結婚相談所の婚活ブログで「30代 看護師 婚活」と言うキーワードが多かったとしましょう。

これは、「30代の女性、職業看護師の方が婚活について探しているけど、現在の記事に満足しておらず自分にバッチリ合った記事を探している」という仮説が立てられます。

どうでしょう?これだけでも随分ユーザーの顔が見えて来ましたよね。

実際に自分でサイト内検索してみて検索結果を最適化しましょう

検索結果をコントロール

WordPressなどのサイト内検索は、Googleと違いある程度検索結果をコントロールできます。

まずは、上記ペルソナの通りに、自分が30代の看護師の女性になったつもりで検索してみましょう。検索結果に彼女は満足するでしょうか?それとも不満に思うでしょうか?

もし、検索結果に満足するのであれば、検索結果を改善する必要はないかもしれません。
検索結果に不満を覚えた場合、改善の必要があります。

 

「検索結果が不満だ」と感じた場合

検索結果が不満だった場合、「検索結果に記事がない」「検索結果のタイトルに30代看護師の婚活についての記述がない」とか、そういった理由ではないでしょうか?

僕だったら、このように改善します。

  1. 30代看護師の婚活事情についての記事を作る
  2. 記事がある場合、タイトルを変更する

「検索結果に満足した」と感じた場合

検索結果を改善する必要はないでしょう。検索結果の該当する記事の内容は問題ないでしょうか?

記事内容に不満を感じた場合、そこで離脱する可能性があります。リライトする、最適な画像を追加するなど検討してみましょう。

こんな記事もオススメです

Googleアナリティクスでサイト内検索を導入しましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です