名古屋の結婚相談所プリヴェール 退会理由を公開。成婚以外で退会した理由とは?

退会理由




名古屋の結婚相談所プリヴェールが、自社会員の活動結果、成婚退会、成婚以外の退会理由を調査し公表しましたので、プレスリリースを引用し解説していきます。

退会理由を公開している結婚相談所は少ない

結婚相談所は、成婚率や成婚退会数などは公開していますが、中途解約した理由を公開している結婚相談所は少ないです。結婚相談所は残念ながら苦情の多い業界ですので、こういったネガティブな情報は企業側から出てくる事が少ないです。しかし、今回ネガティブな情報を含め名古屋のプリヴェールが情報を公開しました。

この調査は、3ヶ月毎に公開していく方針で、とてもいい取り組みだと思います。大手結婚相談所や地域密着型結婚相談所にもこうした取り組みが広がっていくと、結婚相談所業界の信頼度も上がっていくと思いますので、ぜひ、検討していただきたいものです。

調査背景

婚活中の男女が結婚相談所に期待していることは、「結婚が決まるかどうか」「サポートが満足できる内容かどうか」という事が大半ですが、それは入会金を支払って入会した後でしか分からず、何を基準に選んで良いかが分かりにくいのが現状です。2019年9月日本マーケティングリサーチの調査で東海エリアにおける『信頼と安心の婚活・結婚相談所部門で第1位』をいただいたことをきっかけに、プリヴェールでは3ヶ月毎の成婚率及び活動データ詳細を公開させていただくことにしました。【プレスリリースより引用】

気になる成婚以外の退会理由とは?

発表によると、プリヴェールの退会者からみた婚約率は60.8%、プライベートでの成婚を含めると72.5%です。そして、それ以外の27.5%の会員が、成婚以外の何らかの理由で退会しています。会員数が1,000人だとしたら275人という計算ですね。(調査対象:2019年7月1日~9月30日の間に退会したプリヴェール本コース会員)

成婚以外の退会理由とその割合

プリヴェールの退会理由とその割合を見ていきましょう。

退会理由
  • 1年契約の満了日となり結婚が決まらなかった為(9.8%)
  • 相手からお断りされることが続き諦めてしまった(2%)
  • 婚活アプリで気になる人ができた(1.96%)
  • 交際が上手くいかず、交際終了後、疲れてしまった(1.96%)
  • 家族が病気になってしまって結婚どころではなくなってしまった(1.96%)
  • 費用対効果を感じられなかった(1.96%)
  • 仕事が多忙で続けられなくなってしまった(1.96%)
  • 自分から逢いたいと思える理想の人がいなかった(1.96%)
  • 環境が変わり、経済的に続けていく事が困難になった(1.96%)

成婚・交際に関するデータ

プリヴェールでは、成婚や交際に関するデータも公開されていますので、ご紹介していきます。

活動開始から3ヶ月以内のお見合い実施率100%

2018年7月1日~9月30日にプリヴェール本コースで入会した全ての会員が、活動開始から3ヶ月以内にお見合いを実施しました。

結婚相談所の中にはお見合い保証などのサービスをつけているところがあります。その場合、お見合いが実施されなければ返金といった対応をするのですが、プリヴェールでは必要ないかもしれないですね。

入会者からみた婚約率は41.9%

成婚率

プリヴェールの成婚率(婚約率)の定義は、1年前の新規入会者が1年後結婚できたかどうかをざっくりと割合で出しています。これは、これから結婚相談所を検討している方が見て分かりやすい指標だと思います。

* 分子の成婚退会者=2019年7月1日~9月30日に成婚退会したプリヴェール本コースの人分母の入会者=2018年7月1日~9月30日にプリヴェール本コースで入会をした人

まとめ

今回、名古屋の結婚相談所プリヴェールが退会理由を公開した事で、業界全体でネガティブな内容を含めてもっと情報が公開されるようになればいいなと感じました。

こんな記事もオススメです

退会理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です