AIで成婚の特徴を解析、人工知能KIBITの導入でマッチングの充実を図る【パートナーエージェント】

パートナーエージェント×FRONTEO




パートナーエージェントは、株式会社FRONTEOが開発した人工知能エンジン「KIBIT(キビット)」を2018年6月より、婚活支援サービスのマッチングに導入すると発表しました。

人工知能KIBITの導入でマッチングの充実を図る

パートナーエージェントでは、実績データ基づいたオーダーメイドの婚活設計と膨大なデータ分析により、婚活のPDCAサイクルを実践することで成婚までをサポートいましたが、今回コンシェルジュの活動をサポートし、個々の会員に寄り添った、より精度の高いマッチングの実現を目指すため、人工知能「KIBIT」を導入しました。

KIBITは、会員の紹介文やプロフィールデータの特徴を学び、過去の成婚実績データを踏まえて、よりフィットする可能性の高い候補者をスコアリング(点数化)し、コンシェルジュに提示します。

コンシェルジュは、KIBITを活用することで、これまで以上に、お一人おひとりに合った、最適なご提案を行うことが可能になるとしています。

パートナーエージェントのKIBIT活用方法

パートナーエージェント AI
  1. 会員の紹介文やプロフィール情報(趣味や価値観など)のフリーテキストをKIBITが読み込んで分析
  2. これまでの成婚データを活用しながら、お相手候補をKIBITがスコアリングしてリスト化
  3. コンシェルジュがリストを活用し、会員様に合うお相手を紹介

こんな記事もオススメです

パートナーエージェント×FRONTEO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です