【WordPress】常時SSL化(https化)を実現した設定手順と参考にしたサイト

ssl設定手順




今回、婚活プレスを常時SSL(https)対応しましたので、WordPress、.htaccess、Google Analytics、Google Search Console の設定手順を中心に、参考にさせて頂いたサイトなどを紹介させていただこうと思います。

SEOに良いと言われている「https」ですが、順位にどう影響を与えたのかなどは、別の記事で詳しく書こうと思います。

SSLの設定に関しては、ご契約のサーバー会社などの説明を参照してください。(ちなみに、エックスサーバー は独自SSLが無料で利用できます。)

なぜ常時SSL(https)化 をしたのか?

検索順位に少しだけ影響がありそう

Googleは 2014年8月の公式ブログで、HTTPS をランキング シグナルに使用すると発表しています。常時SSL化をすることで、順位がドカンと上がる訳ではありませんが、ほぼ同じ順位でライバルと競い合っている場合など、ランキングを決定する要素として使用される可能性は高いでしょう。

セキュアな接続とユーザーへの安心感

フォームへの入力など、ユーザーが入力する情報が暗号化され、サイトの安全度が上がります。Googleも、セキュアな接続を推奨しているため、今回、常時SSL化を実施しました。

ユーザーがもっと安全にサイトを閲覧できるよう、すべてのサイト所有者の皆様に HTTP から HTTPS への切り替えをおすすめしたいと考えています。(参照:Google ウェブマスター向け公式ブログ

エックスサーバーだと独自SSLが無料で使える

婚活プレスは、エックスサーバーを使っています。エックスサーバーには、全サーバープランで独自SSLが無料・無制限に利用可能ですので、利用しないのはもったいないな、と思い、SSL化を行いました。

今回行ったSSL化の手順

今回、以下のような手順で設定を行いました。「1」に関しては、お使いのサーバー会社などと契約を行います。また、SSL化を行う前には、必ずバックアップを取るようにしましょう。

  1. エックスサーバー でSSLの設定を行う
  2. WordPressの設定を変更する
  3. プラグインで内部リンクを一括置換する
  4. .htaccess でリダイレクト設定を行う
  5. Google Search Console の設定を行う
  6. Google Analytics の設定を変更する

今回、「.htaccess」のhttpからhttpsへの301リダイレクトの設定で少しだけハマりましたが、それ以外は素晴らしい参考サイトのおかげでスムーズに作業できました。(Google Search Console の設定が一番ややこしいかもしれません。。。)

WordPress の設定を変更する

WordPressの一般設定にて、httpからhttpsに変更するだけで、基本的な設定が完了します。

wordpress_setting

この設定は、「寝ログさん」を参考にさせていただきました。(参考サイト:https://nelog.jp/wordpress-ssl#WordPressURL

プラグインを使い内部リンクを一括で置換する

Search Regex

Search Regex というツールを、またまた、「寝ログさん」を参考にさせていただき利用しました。寝ログさんを見ていただければ、内部リンクの置換に関して、ほぼすべての設定ができると思いますので、ご参照ください!(参考サイト:https://nelog.jp/wordpress-ssl#Search_Regex

プラグインで置換できなかったファイルを確認する

テーマで設定しているヘッダーロゴやfavicon(ファビコン)、ウィジェットに直接書かれているタグなどは、プラグインでは置換できませんでした。導入しているプラグイン、ウィジェット、テーマなど、環境に合わせてチェックする必要があると思います。

.htaccess httpsへのリダイレクト設定

ユーザーやGoogleボットがhttpでアクセスしたとしても、httpsを表示させてあげたいので、.htaccessを使い、強制的に301リダイレクトをしてあげる必要があります。

これは、ページランクを損失する事なくサイトを移転することができ方法です。ユーザーが自然にhttpsで閲覧できるので、Googleでも推奨されてます。必ず設定するようにしましょう。

追加するコード

FTPクライアントソフトなどで、サーバーに接続し、.htaccess に「http」でアクセスしたとき「https」にリダイレクトするコードを追加します。

ハマった点

上記の設定を行ったのですが、正しくhttpsにリダイレクトされないページがありました。試行錯誤しながら原因を探ったのですが、追加コードを挿入する場所に誤りがあったようです。

WordPressには、デフォルトで記載されているコードがあるのですが、最初、そのコードの下にリダイレクトのコードを挿入していましたが、元々、記載されているコードの上に挿入する必要があったようです。

以下のように修正しました。(詳しい方、間違いがあったらコメントなどでご指摘ください!)

Google Search Console の設定

Google Search Console は、サイトマップやインデックス状況を管理したり、検索ワードを取得できるGoogleの公式ツールです。サイト運用の必需品でしょう。

Google Search Console は、「https」「http」「wwwあり」「wwwなし」を別々のサイトとして認識してしまいます。https化する場合、「https://konkatsu-press.com/」と「https://www.konkatsu-press.com/」の2つを新たに追加する必要があります。

Google Search Console の設定手順

婚活プレスでは、「wwwなし」でユーザーにアクセスしていただいていますので、今回、以下の手順で設定しました。

  1. https://konkatsu-press.com/ を新規プロパティーとして追加します
  2. サイトの所有権を確認します
  3. 優先するバージョン(wwwなし)を選択 「URL を konkatsu-press.com と表示」にチェックを入れます
  4. ターゲットとする国を選択します
  5. サイトマップを送信し、クロールするように依頼します
  6. Fetch as Google を行い、クロールを促進します
  7. wwwあり バージョンを新規プロパティーとして追加します
  8. 優先するバージョン(wwwなし)を選択 「URL を konkatsu-press.com と表示」にチェックを入れます

設定の参考サイト

Search Consoleの設定は、常時SSL Lab.さんを参考にさせていただきました。手順も詳しく書いてあるので、是非、参考にしてみてください。(参考サイト:https://zenlogic.jp/aossl/operation/google-settings/

Google Analytics の設定

Google Analytics は、サイト分析の必須ツールです。アクセス数だけでなく、様々なユーザーの動きを捉える事ができます。httpからhttpsに変更した場合、アナリティクスの設定を変更する必要があります。

といっても、とても簡単で、2箇所変更するだけです。「ジュンイチのブログ」を参考にさせていただきました。ありがとうございました。(参考サイト:https://junichi-manga.com/https-analytics-search-console/

その他のサービスの設定

Webサイト・メディアを運営していると、Adsenseやアフィリエイトなどの広告や、分析ツール、管理ツールなどの外部サービスがどんどん増えていってしまいます。サービスによっては、「http」と「https」を異なるサイトとして見られ、動かなくなってしまう可能性があります。利用しているサービスの設定を確認する事をオススメします。

Google Adsense(アドセンス)の設定

婚活プレスでは、サイト維持の為に、Adsense広告を使いサーバー費用や運用費用に当てています。これが無くなると、サービスを維持できなくなってしまいます、、、

Googleの公式サイトには以下のように書いてありますが、

HTTPS 経由でアクセスできるサイトでは、HTTP と HTTPS のコンテンツが混在しているとみなされて AdSense スクリプトがブロックされないように、古い AdSense 広告コードを変更する必要がある場合があります。AdSense 広告コードのスクリプトが「http://」で始まる場合は、「https://」に変更してください。
(参照:https://support.google.com/adsense/answer/10528?hl=ja

設定が次のようになっていれば問題無いはずです。

<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”>

その他のツールについて

婚活プレスで使っている、検索順位のチェックツール、分析ツールや管理ツールでは、特に変更する点はなく、そのままサービスを利用できました。

こんな記事もオススメです

ssl設定手順

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です